• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • i-PRO FAQ > CCTVカメラ > HLシリーズのレコーダーを新規設置したがアラームが鳴動する
  • No : 7163
  • 公開日時 : 2019/03/05 11:08
  • 印刷

HLシリーズのレコーダーを新規設置したがアラームが鳴動する

カテゴリー : 

回答

HLシリーズのレコーダーは、工場出荷時の設定がカメラを接続して電源を入れると、すべてのカメラを常時録画する設定となっています。このためWJ-HL204Bでは4台、WJ-HL208Bでは8台、WJ-HL216Bでは16台のすべてのカメラの接続が前提条件です。
各々のレコーダーでカメラの接続台数が仕様の最大に満たない場合、未接続のチャネルはビデオロスエラーとなってしまい、これがアラーム鳴動の原因です。
 
ブザー音を止めるには、
[設定]アイコン選択(クリック) → [イベント] → [ビデオロス] → [動作]欄、対象カメラの欄の右下の「...」を選択(クリック)、
開いたウィンドウ(ビデオロスx- 動作)の[アラーム出力]の[設定]欄右下の「...」を選択(クリック)、
ブザーのチェックを外して、[決定]すればそのカメラチャネルのビデオロスアラームは止まります。
未接続のカメラが複数ある場合、すべてのチャネルで設定変更します。
 
【対象機種】
WJ-HL204B/HL208B/HL216B/HL216A

FAQ TOP

アンケート:このFAQは役に立ちましたか?