• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2222
  • 公開日時 : 2013/04/10 15:00
  • 更新日時 : 2020/01/24 11:22
  • 印刷

ネットワークカメラの動作検知機能とはどのようなものですか?

回答

ネットワークカメラが撮影している範囲の中で、画像の変化を検知するものです。カメラ画像に動きがあったかどうかを判断するために「検出面積」と「検出感度」(または「しきい値」と「感度」)で設定します。
 
「検出面積」(または「しきい値」)
被写体の動きを検知する面積を設定します。設定値が小さいほど、小さな被写体の動きでも検知します。
 
「検出感度」(または「感度」)
被写体の動きを検出するときの感度を設定します。設定値が大きいほど、動きを感知しやすくなります。
 
「検出面積」(または「しきい値」)は低めに、「検出感度」(または「感度」)は高めに設定することで、画像の一部分の小さな動きでも動作を検知するようになります。
 
<設定方法>
 
BB-Sシリーズ
 [設定]ボタンをクリック
→[アラーム]ボタンをクリック
→[動作検知エリア]タブをクリック
→[ポジション選択]で設定するポジションを選択して[開始]ボタンをクリック
 
BB-HCMシリーズ
 [設定]タブをクリック
→[動作検知感度]をクリック
 

FAQ TOP

アンケート:このFAQは役に立ちましたか?