• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1015
  • 公開日時 : 2013/04/09 15:00
  • 更新日時 : 2018/09/26 14:35
  • 印刷

レコーダーでHDD稼働時間警告が出ましたが対処方法は?

カテゴリー : 

回答

HDD稼働時間警告は、HDDが消耗時間(通電20000時間)に達したことをお知らせする警告です。詳細は関連FAQもご参照ください。

対応に関しては、HDDを交換いただくことをおすすめします。

 

また、以下の方法で警告を止めることも可能です。

①状態表示パネルのエラーの復帰ボタンで警告を止めることができますが、再起動などタイミングでは再び発報します。

 ※ブラウザ画面、WJ-ND400Kでは、エラー(ERR)ボタンで復帰。

 ※WJ-ND400Kでは本警告はHDDアワーメータ警告と表記。

②HDD稼働時間警告設定を現在より先の時間に設定する(警告の発生を先送りします)。

 

いずれにしても、通電が20000時間を越えたHDDは故障しやすくなっていますので、早めの交換をおすすめします。

尚、HDDが故障してしまうと、録画の継続ができなくなったり、そのHDDに記録されている再生画像を見ることができなくなります。

 

【対象機種】
DG-NV200
WJ-NV250/NV300
WJ-NX200/NX300/NX400K
WJ-ND400K

アンケート:このFAQは役に立ちましたか?